移住をしようと思った理由

はじめまして。
ブログなんて書いたことないのですが、
移住を機に綴っていこうと思いますので、
よろしければおつきあい下さいヽ( ´_`)丿

はじめにお伝えしておきますが、
ブログタイトルでは「脱東京。愛媛ですきに生きる独身女。」と書いておきながら、
正確には、まだ東京にいます!

来年2017年の4月に引っ越し予定なので、
まだ家探しも仕事探しもしてません!笑

これから移住の経過をブログで綴っていきたいと思います。

まずはじめに、そのそも移住をしようと思った理由について、
おはなしいたします

私は、東京生まれ東京育ちで、高校生の頃から満員電車で通学をしていました。
東京以外は森や木しかなくて、人の住むところはないと本気で思っていたくらい、
東京以外の道府県のことを知りませんでした。

大学に入学して、地方から上京してきた友達にたくさん出会いました。
彼氏ができたりして、その彼氏も地方出身でした。

友達や彼氏に地元のはなしをたくさん聞いて、
なんとなーく、憧れまではいかなくても羨ましいなぁ、帰る場所があっていいなぁと思うようになり、
漠然と、将来は田舎でのんびり暮らしたいと思いました。

しかし、田舎への思いは、一旦大学時代で終了します。

友達を遊んだり、仕事をするようになってきて、自分のやりたいこと、目標、向上心のかたまりになった私は、
20代の東京ライフを楽しみまくってました。

30代。一通り仕事を頑張ってきた私は、仕事に飽きてしまい、
疲れちゃったな。。もう頑張らなくてもいいかなって。。
独身30代女の典型的な悩みです。

そこで田舎への思いが蘇りました。
再び思いが蘇ってからは、それはもう、早い決断でした。

次回、「移住への憧れから決断まで」です。