ロッテファンの私が、楽天ミーハーファンと野球観戦に行ったおはなし。

千葉ロッテマリーンズファンの私が、基本ロッテの試合を観戦しますが、今回は楽天ミーハーファンの友達と楽天VS西武戦に行ったときのお話です。

ロッテ戦に行くときの私と比較してみました。

持ちもの

ロッテ戦の場合

ユニホーム、キャップ、フラッグ、タオル、ジェット風船

千葉ロッテマリーンズ観戦グッツ

ロッテファンの応援グッズは基本タオルだけでOK。フラッグはほとんど使いません。

楽天戦の場合

タオル、一眼レフカメラ(望遠)

楽天ゴールデンイーグルス観戦グッツ

ファンじゃないのでユニフォームは買えない。そんなとき便利なのは、タオル。このタオルは1000円で楽天市場で買えます。

楽天イーグルスオフォシャルオンラインストアはこちら↓↓↓↓

私は、2年前までロッテにいた今江選手のタオルを買いました。

そしてもう一つの持ちもの!カメラです!!

ミーハーファンの友達は、お気に入りの選手をカメラにおさめたい!というのが一番の目的なんです。私もカメラ付き合いましょう!!

私は普段ロッテ戦に行くときは、カメラは持って行きません。最初は持っていってたのですが、試合に集中をしたいのでやめました。

スマホカメラで2、3枚撮れれば充分です。

並んだり、待つのが嫌な私は必ず指定席を事前にとります。

ロッテ戦の場合

試合の進行をできるだけ見やすいところでみたいので、バックネット裏もしくは、ベンチ後ろあたりの1階席をとります。

以前は、外野席でかっつり応援をしていましたが、3年前くらいから体力の限界を感じ、おとなしくゆっくり観戦するスタイルに変えました。

楽天戦の場合

先ほど述べたように今回の目的は、カメラです。

今回行った球場は西武の本拠地「メットライフドーム」です。

この球場の特徴の一つとして、ブルペンが客席から見える場所にあるんです。

メットライフドームブルペン

友達の目当ての選手は、松井裕樹投手でした。

松井投手は楽天のクローザーなので、登板するとしたら、勝ち試合の最終イニングです。

ということは、ほとんどの時間、ブルペンにいることが予想されます。

なので今回とった席は、ブルペンとバックネット裏のちょうど中間地点、内野席の最前列をとりました。

そこなら試合も見れるしブルペンも見れるんです。

松井裕樹

松井裕樹

松井裕樹

こんな感じで、席からブルペンでの松井投手がたくさん撮れました。

試合開始

この日の試合、先発投手は、楽天が則本昂大投手、西武が菊池雄星投手となんとエース同士の対決。

則本昂大 菊池雄星

 

試合がどうなったかは正直覚えていませんが、あのWBCで活躍した牧田投手が出てきたり、普段パ・リーグを見ているので知っている選手がほとんどでしたので、試合自体も楽しんで見れました。

 

7回のジェット風船ももちろんやりました。

ジェット風船

試合結果は覚えてませんが、松井投手の登板した写真が残っていないので、おそらく楽天が負けたのでしょう。

まとめ

普段は、勝敗に一喜一憂していますが、贔屓チームの試合ではないだけで、純粋に試合を楽しむことができました。

友達は野球のルールや、選手の知識が一切なかったので、解説しながらの観戦は楽しくて、友達にも楽しんでもらえました。

また今シーズン一緒に行く約束をしました。

早く行きたいー。